災害で企業の荷動き鈍化 7~9月、日通系調べ

2018/9/20 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7月の西日本豪雨の影響で国内物流の荷動きが鈍化したことが、民間シンクタンクの日通総合研究所(東京・港)の調べでわかった。同社が21日に発表する企業物流短期動向調査(日通総研短観)の速報値で7~9月の出荷実績を示す指数はプラス6と、6月調査時の見通しから4ポイント下振れした。貨物鉄道の寸断などが響いた可能性がある。

製造業や卸売業約660社が7~8月の実績をもとに9月までの出荷量を予測し、日通総研…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]