/

この記事は会員限定です

総裁選にらみ攻防戦 海外勢、持たざるリスク警戒

証券部 関口慶太

[有料会員限定]

20日の東京市場で日経平均株価は前日比2円高で取引を終えた。平穏な1日に見えるが、その裏側では自民党の総裁選をにらんで激しい攻防戦が繰り広げられていた。膠着相場を前提にした持ち高を解消しようと外国人投資家が「買う権利」を買い戻す一方、株価下落を予想する個人投資家は「売る権利」に殺到する。相場を動かすエネルギーは高まっており一段高を予想する声も出ている。

「海外勢だけじゃなく年金も買い戻している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン