中国、米けん制に自国企業動員 貿易戦争で圧力

2018/9/20 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔、上海=松田直樹】トランプ米政権による対中制裁関税第3弾の発動決定を受けて、中国企業が米国との関係を見直し始めた。中国ネット大手のアリババ集団は米国での100万人雇用創出計画を撤回、中国石油大手は米国に代わる液化天然ガス(LNG)の調達先を確保した。中国政府が自国企業を使って米国に圧力をかけているとの見方もある。

アリババの馬雲(ジャック・マー)会長は中国国営新華社のインタビュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]