/

この記事は会員限定です

人として接する技術 認知症と生きる

ルポ迫真

[有料会員限定]

「お顔を見に来ましたよ」。調布東山病院(東京都調布市)の病室。看護師の安藤夏子(37)は玄関から入るように病床脇の壁をノックした後、寝たきりの70代男性に少しずつ近づき、顔と顔を近づけてゆったりとした口調で語りかけた。

男性の反応はほとんどないが、体を拭くケアのため背中をさすりながら話しかけ続ける。すると男性から次第に力が抜け、ケアの最後には支えられながらベッドから起き上がった。「今度一緒に歩こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン