JT、外貨建て社債約2500億円発行 3通貨に分散

2018/9/20 20:30
保存
共有
印刷
その他

日本たばこ産業(JT)は20日、海外子会社を通じ外貨建て普通社債を約2500億円発行すると発表した。米ドル、ユーロ、英ポンドの3通貨で発行する。ユーロとポンド建ての発行は初めて。複数の通貨で資金調達し、為替リスクを軽減する狙いだ。

発行するのは米ドル建て5年債が5億2500万ドル(利率は年3.5%)、10年債が5億ドル(同3.875%)、ユーロ建て7年債が5億5000万ユーロ(同1.125%)、ポンド建て15年債が4億ポンド(同2.75%)になる。発行会社は子会社のJTインターナショナル(JTI)で、同社による起債は初めて。調達した資金は短期借入金の返済に充当する。

為替リスクを軽減するほか、金利に先高観が強まる中、有利な条件で長期の資金を確保し財務の安定性を高める。米国を除く欧州・アジアなどの海外市場で募集する。

JTは10日にも国内で普通社債1000億円を発行している。米ドル建て社債の発行は2016年4月以来約2年半ぶりとなる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]