2018年12月19日(水)

車部品の樹脂化加速 ルーフ6割、シート背面5割軽く

自動車・機械
環境エネ・素材
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/10/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

車体を1グラムでも軽くしたい──。多くの国・地域で燃費規制の強化が進む中、クルマの軽量化は自動車業界にとって最重要課題の1つとなっている。軽量化材料のうち、最も活発な開発を見せるのが樹脂だ。比重が小さい上に成形性に優れ、大きな軽量化効果はもちろん、コスト削減まで得られる可能性がある。

鋼製ルーフに対しては6割、アルミニウム合金製ルーフに対しては3割の軽量化を実現した──。三菱ケミカルホールディン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報