/

弁護士法違反容疑で捜索 大阪地検、大阪の法律事務所など

大阪地検特捜部は20日午前、大阪市の法律事務所と東京都のインターネット関連会社を弁護士法違反容疑で家宅捜索した。関係者によると、弁護士の資格がない事務員らに債務整理業務の手続きをさせていた疑いがあるという。特捜部は非弁活動をしていたとみて捜査する。

関係者によると、捜索を受けたのは大阪市中央区にある弁護士法人「あゆみ共同法律事務所」の大阪事務所と、法律の相談サイトなどを運営するインターネット関連会社「HIROKEN」(東京・目黒)。

あゆみ共同法律事務所のホームページによると、同法人は東京にも事務所があり、債務整理や相続問題を扱っている。HIROKENは2011年設立で、「街角相談所―法律―」などのサイトを運営。同サイトには借入金などを入力すると、どれくらい減らせるかなどを表示する「借金減額シミュレーター」を設けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン