/

この記事は会員限定です

ブロッキングは出版業の救世主か

編集委員 関口和一

[有料会員限定]

漫画やアニメの海賊版サイトへの接続を遮断する「ブロッキング」の是非を議論してきた政府の有識者会合が、もの別れに終わった。本来なら「中間まとめ(案)」に合意する予定だったが、接続遮断に反対する構成員から事務局案を拒む意見書が出され、政府の検討会としては「前代未聞の結果」(通信会社幹部)となった。背景にはデジタル技術の進化に十分追いつけていない出版業界の事情とそれぞれ事業者を抱える監督官庁の縦割り構造...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン