AIの判断、「なぜ」を明らかに 米IBMがソフト開発

2018/9/20 11:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米IBMは人工知能(AI)の意思決定の流れを可視化するソフトウエアを開発した。AIの判断基準を明示してシステムの信頼性を高める。AIの判断ミスなどへの不安から導入をためらっている企業の受注獲得につなげる。

同社のAIサービス「ワトソン」で、AIの判断の過程を記録し、視覚的に説明する仕組みを採り入れる。判断の根拠となったデータや信頼性を示し、内容に誤りや偏りが無いかのチェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]