2019年7月17日(水)

東京ゲームショウ開幕 「eスポーツ」で集客ねらう
賞金総額3000万円、昨年の20倍

2018/9/20 10:30
保存
共有
印刷
その他

国内最大のゲーム見本市「東京ゲームショウ2018」が20日、千葉市の幕張メッセで開幕した。先のアジア競技大会を機にゲーム対戦競技「eスポーツ」の人気が高まり、見本市では23日までの開催中に8つの大会を開く。主催者は集客の目玉になるとみており、大会を通じて普及に弾みをつけたい考えだ。賞金総額は昨年の約20倍の3000万円規模という。

20日、千葉市の幕張メッセで始まった世界最大級のゲームの展示会「東京ゲームショウ2018」=共同

20日、千葉市の幕張メッセで始まった世界最大級のゲームの展示会「東京ゲームショウ2018」=共同

コンピュータエンターテインメント協会の早川英樹会長(コナミデジタルエンタテインメント社長)は開幕式で「eスポーツの選手の活躍を後押しし、国際的なイベントとして発信したい」と話した。

アジア大会ではeスポーツが公開競技となった。20日午後にはサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2018」で金メダルを受賞した日本人ゲーマーの報告会を開く。オランダのeスポーツチームとの国際親善試合も予定されている。

今年は668社・団体が出展し、過去最多となった。20~21日は関係者が商談するビジネスデイで、22~23日に一般公開する。一般公開中は「鉄拳」や「パズドラ」など8つのeスポーツ大会を開く。期間中に25万人以上の来場者を見込む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。