/

この記事は会員限定です

果実堂傘下の大豆エナジー、発芽大豆の生産能力倍増

[有料会員限定]

食品ベンチャーの大豆エナジー(熊本市)は来夏にも新たな拠点を稼働し、発芽大豆の生産能力を倍増する。同社は野菜の幼葉であるベビーリーフで国内生産最大手、果実堂(熊本県益城町)のグループ会社で、発芽の際にストレスを与え、通常よりも栄養やうまみ成分が多い大豆をつくる。豆腐や豆乳などの新商品も投入し、新たな食のビジネスを推進する。

大豆エナジーは1億~2億円を投じ、来夏にも熊本県益城町で新拠点を稼働する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン