/

茨城大・鈴木教授がVB設立 AIの集合知で投資判断

茨城大学大学院理工学研究科の鈴木智也教授は19日、ベンチャー企業「CollabWiz(コラボウィズ)」を設立したと発表した。人工知能(AI)やデータサイエンスの活用で企業のシステム開発などにあたる。鈴木氏が取り組んでいるAIの「集合知」モデルの研究成果を、投資判断などのサービスに生かしていく。

コラボウィズは8月27日に設立。鈴木氏が代表を務め、本社を茨城県日立市に置く。従業員は現在雇っていないが、今後の雇用は視野に入れる。

鈴木氏が研究する「集合知AI」では、多数のAIに予測させて意見の一致度が高いものを取り入れる。単一のAIによる予測と比べて精度向上が図れるのが特徴だ。金融商品の銘柄選択や投資タイミングなどを判断できるモデルで、国際テクニカルアナリスト連盟からの受賞経験も持つ。

コラボウィズでは同モデルを応用し、運用アルゴリズムの開発や中古車の相場予想といったサービス提供を目指す。企業や一般向けの金融教育やAI関連のセミナーなども開催していく。

同社は同モデルを商品やサービスに応用し、提供先企業からの対価を収益として得ていく。当面は売上高の目標を設定せず、分析精度の向上などを中心に事業を進めていきたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン