厚真・むかわの生産者も 丸井今井が「味覚マルシェ」

2018/9/19 21:45
保存
共有
印刷
その他

丸井今井札幌本店(札幌市)は19日、北海道の食を集めた「北海道味覚マルシェ」を大通館で始めた。海産物や総菜、スイーツなど道内の55店が出店している。胆振東部地震で特に被害が大きかった厚真町、むかわ町の生産者も参加し、復興に向けて名産をPRする。24日まで実施する。

ハスカップのスムージーを販売する山口さん(19日、札幌市)

厚真町で特産のハスカップを生産する山口善紀さんはハスカップのスムージーを販売する。自身の農園も被災したが、町のPRになると予定通り出店を決めた。開店と同時に買い求めた札幌市在住の女性は「とてもおいしくて自分も幸せな気分になるし、少しでも被災地の支援につながればいい」と話した。

むかわ町からは地元産シシャモを扱うカネダイ大野商店が参加する。脂が乗った大きなシシャモを求めて、開店後すぐに20人以上の行列ができた。美深町のチーズや函館市の焼き鳥弁当、当別町のエゾシカ肉ソーセージなどもそろえている。フードコートを設け、ソフトクリームやラーメンはその場で食べられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]