関電、廃炉燃料利用の許可取得 大飯原発

2018/9/19 18:56
保存
共有
印刷
その他

関西電力は19日、廃炉を決めた大飯原子力発電所1、2号機(福井県おおい町)から再稼働済みの同3、4号機に再利用できる燃料を移して使用する許可を同日付で原子力規制委員会から得たと発表した。

大飯原発1~4号機の燃料は材質、寸法、燃焼度などが同じ仕様で設備の設計変更や改造工事は必要ない。こうした取り組みは関電として初めてで、全国の原発でも珍しいとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]