2018年10月19日(金)

H2Aロケット40号機を公開、UAEの衛星など打ち上げへ

自動車・機械
中東・アフリカ
2018/9/19 19:00
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業は19日、10月29日に打ち上げを予定する基幹ロケット「H2A」40号機の機体を飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開した。アラブ首長国連邦(UAE)の観測衛星や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の温暖化ガス観測衛星「いぶき2号」などを搭載する。鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げる。

10月末に打ち上げを予定する「H2Aロケット」40号機の機体を公開した(19日、愛知県飛島村)

10月末に打ち上げを予定する「H2Aロケット」40号機の機体を公開した(19日、愛知県飛島村)

固体ロケットブースターを2本備える「H2A202」の型式を今回は採用する。全長57メートルで、打ち上げ時の熱などから衛星を保護するフェアリング部分は16メートル。JAXAやUAEの観測衛星のほか、東北大や九州工業大、静岡大、愛知工科大の小型衛星を副衛星として一緒に打ち上げる。

ロケット推進系の不具合で打ち上げが延期されている基幹ロケット「H2B」7号機と共通の部品を採用しているが、今後、対策を実施する予定という。

三菱重工はこれまで海外から5件の商業衛星を受注している。今回は3件目に受注したUAEの衛星を打ち上げる。UAEにとっては初の国産衛星となる。2020年に打ち上げ予定の火星探査衛星もUAEから受注している。打ち上げ成功で信頼を積み上げ、海外からさらなる受注拡大につなげたい考えだ。

三菱重工は国からH2Aロケットの打ち上げ輸送サービスを移管されている。基幹ロケットとして政府の衛星を安定して打ち上げる必要がある一方、打ち上げ輸送サービス事業者として、収益基盤を維持するために顧客を開拓する必要もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報