/

この記事は会員限定です

自ら学習・判断するデバイス AIシステムに応用

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

自ら学習して意思決定を行うことができる新原理の情報処理デバイスを、物質・材料研究機構のグループが開発した。通常の半導体デバイスが電子を制御することで動作するのに対して、新デバイスは水素イオンが移動して引き起こす電気化学現象を利用する。このデバイスを進化させることで、今の人工知能(AI)のように大規模なプログラムやメモリー(記憶素子)を使わずに高度な情報処理を行うAIシステムの実現を目指す。

開発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン