自ら学習・判断するデバイス AIシステムに応用
科学記者の目 編集委員 吉川和輝

2018/9/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自ら学習して意思決定を行うことができる新原理の情報処理デバイスを、物質・材料研究機構のグループが開発した。通常の半導体デバイスが電子を制御することで動作するのに対して、新デバイスは水素イオンが移動して引き起こす電気化学現象を利用する。このデバイスを進化させることで、今の人工知能(AI)のように大規模なプログラムやメモリー(記憶素子)を使わずに高度な情報処理を行うAIシステムの実現を目指す。

開発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]