2018年12月14日(金)

海賊版サイト遮断、法制化結論先送り 有識者報告書修正案

政治
ネット・IT
2018/9/19 18:35
保存
共有
印刷
その他

漫画やアニメを作者に無断で掲載する「海賊版サイト」の対策を議論する政府の有識者会議は19日、中間報告書の修正案を示した。強制的にサイトを閲覧できなくするブロッキング(接続遮断)を法制化するかどうかは賛否両論を併記し、結論を先送りした。

修正案はブロッキングについて「最終手段として必要な場合があり得る」と明記。「政策的な選択肢となり得る」としていた素案の表現を弱めた。法制化の必要性は「多様な意見があり、合意には至っていない」と指摘した。

有識者会議は今後も議論を続け、中間報告書のとりまとめをめざす。ブロッキングを巡っては、通信業界や憲法学者が憲法の保障する「通信の秘密」を侵害しかねないと主張。著作権の保護のため法制化を求める出版業界などとの溝が埋まっていない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報