2019年9月16日(月)

東南アジアで生産拡充の動き 貿易戦争で中国からシフト

2018/9/19 17:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】米国と中国の貿易戦争が過熱するなか、東南アジアで生産を拡充する動きが出ている。台湾の電源装置大手や受託製造サービス(EMS)大手はタイやフィリピンでの生産を拡大し、制裁関税が課される中国からシフトする。今後、同様の動きが広がる可能性がある。

電源装置大手、台達電子工業(デルタ・エレクトロニクス)は、タイの関連会社デルタ・エレクトロニクス・タイランドを子会社化する。生産拠点は現在…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。