東南アの製造業生産伸び率、中国に迫る 1~6月は6%増

2018/9/19 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】日本経済研究センターがまとめた2018年1~6月期の東南アジア主要5カ国の製造業生産指数は前年同期比6.2%上昇し、漸減傾向にある中国の伸びに迫った。中国から東南アジアに生産を移す「チャイナ・プラスワン」の動きが広がり、フィリピンなどのインフラ開発も寄与した。米国と中国の貿易戦争の行方次第では東南アジアが逆転する可能性がある。

生産指数は、製品の生産量をある時期を基準に指数化し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]