/

この記事は会員限定です

コーヒー豆が取れない? 気候変動で生産地半減予測も

[有料会員限定]

コーヒー業界で「2050年」問題が取り沙汰されてきた。世界で栽培されるコーヒー豆の7割を占めるアラビカ種が気候変動などで打撃を受けており、米調査機関は50年には生産地が半減すると予測する。異常な高温と降雨が関係しているとみられるが、将来のコーヒー豆の供給不足を懸念する声も上がる。環境変化や害虫などに強いコーヒー豆の品種改良など、企業の取り組みが広がっている。

「イノベーション(技術革新)を伴った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン