2019年2月21日(木)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

若手育ててこそのJリーグ 外国人枠拡大案に反論
サッカージャーナリスト 大住良之

(2/2ページ)
2018/9/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

「外国籍選手枠の拡大で、プレーできる日本人選手の数は減るかもしれない。しかしリーグの質が上がり、競争が激しくなることによって、欧州のリーグに挑戦する選手が増え、日本代表は強くなるはず」

9月18日、外国籍選手枠を拡大しようという検討案を説明する記者との「意見交換会」で、Jリーグ側はこう説明する。

外国籍選手の枠を拡大する一方で、日本選手にチャンスが与えられない状態をなくすため、「(地元選手の登録を義務づける)ホームグロウン選手の保持の義務化」という、現在欧州で行われている制度の導入も検討されている。日本育ちの選手、あるいは12~18歳のうちの少なくとも3年間を自身のクラブでトレーニングを受けた選手など、「ホームグロウン」をどう規定するのか検討中だという。

「日本代表の強化」を強調するJリーグ。しかし「外国籍選手枠拡大」にはビジネスの拡大という「本音」が見え隠れする。

今夏、MFイニエスタ(左)とFWトーレスが神戸と鳥栖にそれぞれ加入した=共同

今夏、MFイニエスタ(左)とFWトーレスが神戸と鳥栖にそれぞれ加入した=共同

今夏、スペイン代表だったMFイニエスタとFWトーレスが相次いで神戸と鳥栖にそれぞれ加入した。彼らの加入で両クラブはホームだけでなくアウェーでも飛躍的に観客数を伸ばした。その動きをさらに進めようという考えだ。

売上高にあたる営業収益52億円余りの神戸で年俸32億円と伝えられるイニエスタがなぜプレーできるのか、私にはまったく理解できない。こんなことを許していてフェアな競争になるのか、Jリーグはまずそれを調査し、明らかにすべきだと思うのだが、逆に「イニエスタ・ブーム」に浮かれてしまっている。そして外国籍選手枠を拡大し、全クラブでイニエスタ級の選手がプレーするようになれば、ビジネスが大きく広がると考えている。

Jリーグのスタジアムがいつも満員になり、Jリーグの話題がもっともっと広がるのは喜ぶべきことだ。しかしそのJリーグで外国籍選手ばかりがプレーしているような状態になったら、私は興ざめするだろう。

まだ何も決まったわけではない。すべてが「検討段階」と、Jリーグは説明する。しかし今回の「外国籍選手枠拡大案」は、「Jリーグの発展と日本代表の強化」の両輪に責任をもつのではなく、Jリーグは外国籍選手主体、エンターテインメントを主眼としたものにして収益を増やし、日本代表の強化はそのJリーグの狭き門から欧州のリーグに出ていった選手を中心に行ったらどうかという、責任を半ば放棄したものにみえてならない。

湘南で6人も7人もの外国籍選手がプレーしていたら、金子が飛躍する機会はこんなに早く訪れなかっただろう。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

日本サッカー世界への挑戦をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
アジアカップは日本代表にとって課題と同時に、いくつもの収穫があった大会だった=共同共同

 1月5日から2月1日までアラブ首長国連邦(UAE)で開催されたサッカーのアジアカップは、日本代表にとって残念な大会だった。他を圧倒する5回目の優勝を目前にして、決勝でカタールに1―3で敗れて準優勝。 …続き (2/8)

大迫(左から3人目)がベトナム戦後半に出場すると、日本の攻撃の質が上がった=共同共同

 「こうした大会では、どんな形でも勝って次に進むことが大切。無失点で次のステージに進めたのはよかった」 …続き (1/26)

アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で戦況を見つめる森保監督=共同共同

 今回は1年半後に迫った2020年東京五輪に挑むチームの道のりを展望する。
 東京五輪のサッカー競技は、総合開会式(7月24日)の2日前、7月22日に始まり、閉会式(8月9日)前日の8日まで行われる。男 …続き (1/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]