/

この記事は会員限定です

世界に誇る「チープカシオ」、部品変えず自動組み立て

差を付ける自動化(2)

[有料会員限定]

カシオ計算機の国内生産拠点である山形カシオ(山形県東根市)は、デジタル式腕時計の普及機種「A159WA」の組み立てを全自動化したラインを2018年8月下旬に稼働させた。対象製品は1989年の発売以来約30年が経過したロングセラー製品。生産効率を従来の約3倍に高めて製品の生産コストを2分の1以下に抑え、海外生産拠点と同等にした。

自動化装置で造りやすくするような設計変更を製品に一切加えず、これまで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン