2019年8月21日(水)

北朝鮮、破格の厚遇 金夫妻が空港へ出迎え

2018/9/19 0:40
保存
共有
印刷
その他

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は18日、韓国大統領として3人目の平壌訪問を果たした文在寅(ムン・ジェイン)氏を空港まで夫人とともに出迎え、破格の厚遇ぶりをみせた。韓国大統領府によると、金正恩氏の夫妻が海外の要人を空港まで出迎えたのは初めて。

金正恩氏は18日午前、専用機からタラップを下りる文氏を出迎え、笑顔で握手を交わして抱擁した。文氏の金正淑(キム・ジョンスク)夫人と金正恩氏の李雪主(リ・ソルジュ)夫人も手を握り合った。文氏はスーツ姿で、金正恩氏は黒色の人民服。平壌の順安(スナン)空港では、色とりどりの花束や朝鮮半島を描いた「統一旗」を手にした平壌市民が赤いカーペットの周囲を取り囲むように並び、両首脳に向けて「マンセー(万歳)」と大歓声を送った。

その後、両夫妻は空港から文氏が宿泊する百花園迎賓館までパレード。文氏と金正恩氏は途中でそれぞれの車を降りると、同じオープンカーに乗り換え、上半身を乗り出して沿道に連なる人垣に手を振り続けた。沿道には「祖国統一」の声がこだました。

金正恩氏の妹の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長にも改めて注目が集まった。最側近として金正恩氏のそばを行き来し、空港や迎賓館で歓迎行事の進行を管理した。

金正恩氏は迎賓館に到着後、自ら施設を案内。「発展した国に比べると、みすぼらしいでしょう。できる限りの誠意を尽くしたい」と語る金正恩氏に、文氏は「最高のもてなしを受けた」と応じた。金正恩氏は自身を巡る海外の報道を細かくチェックしているとされており、謙虚さをアピールする狙いがあったとみられる。(ソウル=山田健一)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。