柏の葉キャンパス駅、「かけだし横丁」本格開業

2018/9/18 20:39
保存
共有
印刷
その他

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道(東京・千代田)と三井不動産は20日、柏の葉キャンパス駅(千葉県柏市)北側の高架下に小型飲食店を中心とした商業施設を本格開業する。屋台をモチーフにした施設で、先行して営業していた1店舗に加え、飲食店9店舗が営業を始める。駅周辺のにぎわいを高める効果が期待できそうだ。

商業施設の名称は「柏の葉かけだし横丁」で、首都圏新都市鉄道が建築し、三井不動産が運営する。敷地面積は約1300平方メートル。7月にランナー向けに更衣室やロッカーなどを備えたランナーズステーションが開業していた。開設店舗は今後も増える予定で、2019年春には20店が営業する予定だ。

同駅は秋葉原駅まで30分程度で行くことができる好立地。都内への通勤で利用する乗客も多く、駅周辺には大学施設もある。三井不などはこうした人たちの来店を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]