/

この記事は会員限定です

蔵書のゆくえ その2 甲南大学教授 田中貴子

[有料会員限定]

前回、東京女子大学の丸山眞男文庫プロジェクトを故人の「知のアーカイブズ」保存の一つの方向として評価したが、ウエブ上で書庫や蔵書の配列が再現できるというのは魅力的である。公刊されている書籍なら誰でも対価を払って入手できる印刷物にすぎないが、いったん特定の個人の手に渡った瞬間から特別な意味を持ち始めるからである。どんな本をどのように並べたか、書き込みや線引きはあるか。それらを知ることは、その人の思考の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン