南北首脳が抱擁、空港に金正恩氏出迎え

2018/9/18 10:26
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日午前9時50分ごろ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談に臨むため専用機で北朝鮮入りした。首都・平壌の順安(スナン)空港で金正恩氏が出迎え、文氏と握手を交わし抱擁した。

順安空港では多数の北朝鮮市民が色とりどりの花束や朝鮮半島が描かれた旗を振って文大統領一行を出迎えた。金正恩氏の妹の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長や崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長ら党幹部が軒並み姿をみせた。

文氏と金正恩氏は空港で朝鮮人民軍儀仗(ぎじょう)隊の栄誉礼を受け、記念撮影に応じた。

北朝鮮メディアによれば、8日に中国共産党序列3位の栗戦書(リー・ジャンシュー)・全国人民代表大会(全人代)委員長が訪朝した際は金正恩氏の出迎えは確認されなかった。同氏は文氏を出迎えることで、文政権に対する北朝鮮の厚遇をアピールする狙いとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]