/

この記事は会員限定です

米中西部の州知事、日米FTAを要望 投資増にも期待

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領の支持基盤である米中西部ネブラスカ、ミシガンなどの各州知事は日本経済新聞のインタビューで、日米の自由貿易協定(FTA)の締結を求めた。トランプ米政権が環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱したことを受け、グローバル競争で不利になりかねないとの危機感がある。一方、日本企業の対米投資の拡大を期待する声も目立った。

ネブラスカ州のリケッツ知事は「米政府に対して日米F...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン