/

この記事は会員限定です

就活ルール見直し、中小に波紋 青田買いの助長懸念

[有料会員限定]

経団連の中西宏明会長が大卒の就職活動時期などを定めた「就活ルール」の見直しに言及し、中小企業に波紋が広がっている。大手に比べ知名度が低く、人材難に拍車がかかるとの懸念が強い。ルール廃止などが実現すると採用競争が激しくなるのは確実で、中小は入社後のフォローなど工夫が問われている。

中西氏は3日、記者会見で「経団連が採用の日程に関して采配すること自体に極めて違和感がある」と述べた。一括採用する今の就活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン