国立大、サイバー対策道半ば 予算・人不足が鮮明

データの世紀
2018/9/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サイバー攻撃や情報漏洩の増加を受けて対策を急ぐ国立大だが、課題も多い。日本経済新聞と「日経xTECH(クロステック)」の共同調査では、セキュリティー事故に即応する専門組織を設置する国立大が急増していることがわかった。だが体制が整っても予算や人材の確保が遅れているケースも多く、防衛は道半ばだ。

【関連記事】国の海洋計画、漏洩の疑い 国立大3割サイバー被害

即応組織の設置時期を聞いたところ、2015年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]