/

小池都知事、水道スマートメーター実験を正式表明

東京都の小池百合子知事は17日、東京国際展示場(東京・江東)で開かれている上下水道の国際会議「国際水協会(IWA)世界会議」で基調講演した。2025年をめどに、遠隔で検針する水道のスマートメーターの実証実験を都内複数のエリアで実施する方針を正式表明した。

小池知事は「スマートメーターの大規模な実証実験を通じ、新しい水道システムの実現に挑戦する」と発言。漏水の早期発見や水道インフラの効率的な維持管理にもつながると意義を訴えた。

蛇口から直接水が飲めるなど、「東京の水は世界に誇る魅力の一つ」と強調。技術や上下水道の運営ノウハウを世界に発信していくとした。IWA世界会議は16日に開幕し、21日まで。学術的な会議に加え、国内外の水関連企業が出展する展示会も開かれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン