/

苫東厚真1号機18日にも再稼働 損傷少なく大幅前倒し

北海道電が発表

北海道電力は17日、これまでは9月末以降としていた苫東厚真火力発電所1号機(厚真町、出力35万キロワット)の復旧時期を大幅に前倒し、早ければ18日にも再稼働すると発表した。損傷箇所が想定よりも少なく、復旧作業が迅速に進んだ。同発電所2、4号機の復旧については、それぞれ10月中旬以降、11月以降との従来見通しを変えていない。

1号機は地震によりボイラー配管2本に亀裂や断裂が起こった。配管の取り換え作業を済ませ、水を勢いよく流して損傷がないかを再度確認する「水圧試験」を15日から実施。問題がなかったことから17日に試運転を始めることを決めた。機器が正常動作するかを確かめた上で18~19日に本格稼働する予定だ。

北電は現状のピーク時(午後7時ごろ)の平均供給力を356万キロワットと試算。ここに苫東厚真1号機の35万キロワットが上乗せされれば、単純計算で391万キロワットの供給力が確保できる。同社は当面のピーク時需要量を345万キロワットと試算しており、電力需給の逼迫度はいっそう緩和される。

北電は火力や水力発電所の稼働増加と並行して、緊急用電源からの供給力を段階的に絞っている。具体的には、北海道と本州をつなぐ「北本連系設備」からの供給を60万キロワットから20万キロワットに、他企業の自家発電からの供給を50万キロワットから20万キロワットに縮小した。苫東厚真1号機の稼働に合わせてこれらの電源からの供給をいっそう絞る可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン