犯罪抑止、「民力」どう生かす(風紋)

2018/9/16 19:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自治体の防犯担当者や警察関係者が注目する研究者がいる。東京大准教授の樋野公宏さん(43)。「花に水やりをしながら子供の登下校を見守る」「犬の散歩やジョギングをしながら街を巡回する」。いずれも樋野さんが「プラス防犯」と名付けた取り組みだ。

一つ一つは地味かもしれないが、参加する住民の負担は少ない。巨額の資金や難しいノウハウは不要で、自治体が導入するハードルも低い。樋野さんは「住民同士の交流が生まれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]