ハリケーン「フローレンス」死者13人に

2018/9/16 14:53
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】米南部ノースカロライナ州に上陸したハリケーン「フローレンス」の被害が拡大している。米CNNテレビによると、15日深夜(日本時間16日午後)までに少なくとも13人が死亡し、およそ80万世帯が停電している。気象当局は引き続き洪水被害などへの警戒を呼びかけている。

ハリケーン「フローレンス」による増水で水没する車(15日、米ノースカロライナ州ウィルミントン)=ロイター

フローレンスは14日の上陸前に最も小さい「カテゴリー1」に勢力を弱め、同日夕に熱帯低気圧に変わった。米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、中心部はサウスカロライナ州にあり、時速6キロメートルで西に進んでいる。

ノースカロライナとサウスカロライナの両州では16日も大雨が続く見通し。NHCによるとフローレンスは今後速度を上げて北西に向かい、17日から18日にかけて米北東部に進むとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]