2018年12月11日(火)

丸紅、石炭火力の開発撤退 再生エネにシフト
ESG投資背景に

環境エネ・素材
2018/9/16 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

丸紅は石炭火力発電所の新規開発から撤退する。すでに保有する石炭火力発電所の権益も2030年までに半減させる。丸紅は二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力事業の比率を減らし、成長分野である再生可能エネルギーの開発に人材や資金をシフトする。環境配慮などを企業に求める「ESG投資」の広がりを受け、世界で脱石炭の動きが加速する。

丸紅は出資比率に応じた出力で世界に計300万キロワット分の石炭火力発電の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

丸紅、ケニアで地熱発電所の建設受注 100億円[有料会員限定]

2018/8/30 18:26

花王がESGの専門組織 環境対応商品で成長へ[有料会員限定]

2018/8/29 6:30

ESG投資 個人も注目[有料会員限定]

2018/5/12付

企業、ESG対策手探り[有料会員限定]

2018/4/6付

脱化石燃料へ株売り圧力 投資家、事業転換促す[有料会員限定]

2018/9/4 18:01

三菱重工が世界最大の洋上風力発電機[有料会員限定]

2018/8/17 18:00

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報