2018年11月15日(木)

中国コンビニ10万店に 「無人店」急増も技術途上

ネット・IT
小売り・外食
中国・台湾
2018/9/16 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=松田直樹】中国のコンビニエンスストアが日本の2倍の10万店を突破した。70社以上がひしめくなかで競争は激しく、各社は人工知能(AI)や顔認証カメラを活用した無人店舗の出店を競う。ただ、所得が増え消費者の目が肥えるなか目新しさだけでは戦えない。半世紀かけて進化した日本のコンビニにならい専用商品を拡充するなど、生き残りをかけた戦いが熱を帯びる。

「これからはAIを活用した店づくりが必要だ」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報