2018年11月17日(土)

関西企業、災害対策見直し 台風で

関西
2018/9/15 9:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西を直撃する自然災害が相次ぐなか、関西企業が災害対策を見直す動きが広がっている。東日本大震災以降、地震に対する備えは進んだが、台風や豪雨は手薄だった。物流の再点検や浸水対策が課題となりそうだ。

住友電気工業は事業所の備蓄品を見直す方針だ。従来は在籍社員の3日分の水と食料を用意していた。今後はパートや派遣社員を含めた事業所で働く全員分に増やすことを検討する。

住友電工の一部の事業所では、7月の豪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報