2018年11月16日(金)

8月の米輸入物価、市場予想に反し0.6%低下 前月比

北米
2018/9/15 1:27
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が14日発表した8月の輸入物価指数は前月から0.6%低下した。2カ月連続の低下で2016年1月以来2年7カ月ぶりの大幅な低下となった。0.3%程度の上昇を見込んだダウ・ジョーンズまとめの予測に反して低下した。前年同月比では3.7%の上昇だった。

燃料価格が前月比3.9%低下と大きく落ち込んだ。石油価格が3.9%低下した。一方、非燃料輸入価格も0.1%低下した。金属や建築資材などを含む産業資材の価格が低下した。

輸出物価指数は前月比0.1%低下した。前月に大豆価格の下落で大きく低下していた農産物輸出価格は0.2%上昇に回復した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報