2019年4月21日(日)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

鈴木愛、首位発進 ショットに力

2018/9/15 0:50
保存
共有
印刷
その他

前週から復帰した鈴木だが、戦線離脱の原因である右手首の痛みは完全に消えてはいない。この日も時折、ショット後にテーピングを施した手首を気づかうしぐさもみられた。打球練習も1日150球までと制限を課し、大事を取っている。

第1日、6アンダーで首位の鈴木愛(新南愛知CC)=共同

それでも「これまで人一倍やってきた」という豊富な練習量で培ったショット力の蓄えは十分のようだ。フェアウエーをほぼ外すことなく、ボギーのピンチとは無縁。4~6メートルのバーディーパットを次々決めて6バーディーを奪った。同組で回った新垣が目を丸くする。「どこから打っても入りそうな感じでした」

今夏ツアーを約2カ月間離れるまでの前半戦、出場12試合で4勝を含むトップ10入り11回を記録した。規定ラウンド数を下回ってはいるが、前週までの平均ストローク69.77は堂々の隠れ1位。復帰2戦目、強い鈴木が帰ってきたのか。

人生初の5パットを記録するなど26位に終わった復帰初戦の日本女子プロ選手権は「結果を求めて欲が出た」。順位、スコアを欲張るあまり、ミスが出た時の心の切り替えに失敗したと反省する。あと2日間、「欲張らずに一打一打、一球一球を大切に回りたい」。今季首位発進(タイを含む)した過去3試合はすべて優勝。そんな過去の勝利の方程式にはこだわらず、練習不足を自覚した謙虚な気持ちで心を整える。(串田孝義)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

 米男子ゴルフのRBCヘリテージは20日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドのハーバータウン・リンクス(パー71)で第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われ、昨年覇者の小平智は第3ラウンドで77と崩れ …続き (10:37)

5番でティーショットを放つ小田孔明=共同

 この日71の小田孔は「10アンダーがトップとは思ってなかった」と意外そうだ。上位陣のスコアが伸びなかったのはピン位置が難しかったせいらしい。自身もグリーンを外した3ホールでアプローチを寄せきれず、ボ …続き (20日 20:30)

第2日、16番でバンカーショットを放つ大西葵。通算6アンダーで首位(20日、熊本空港CC)=共同

 KKT杯バンテリン・レディース第2日(20日・熊本県熊本空港CC=6428ヤード、パー72)24歳でツアー未勝利の大西葵が2位から出て3バーディー、1ボギーの70にまとめ、通算6アンダーの138でイ …続き (20日 17:31)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]