2018年11月18日(日)

相次ぐ災害、訪日客直撃 大阪・北海道で消費急減
「国慶節」控え、不安広がる

台風21号
北海道地震
サービス・食品
小売り・外食
中国・台湾
2018/9/15 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大規模災害に見舞われた大阪と北海道で、インバウンド(訪日外国人)消費への懸念が広がっている。関西国際空港は14日、主力の第1ターミナルで運航を一部再開したが、当面は客足の鈍化が避けられない。北海道でも宿泊キャンセルが相次ぐなど、観光客に人気の両地域で相次いだ災害は打撃だ。訪日客の不安払拭へ向けた取り組みが必要になる。

普段は食べ歩きをする訪日客でごった返す大阪・ミナミの黒門市場。台風21号の通過…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報