2018年11月20日(火)

松本市の弘法山古墳 古代信州統治の謎秘める
(信越スポット)

北関東・信越
2018/9/14 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅や大型店舗が立ち並ぶ長野県松本市南東部に、周囲からひときわ目立つ山がある。丸く盛り上がり、春には約4000本の桜が咲くこの山の頂にあるのが弘法山古墳だ。3世紀末の建造と推定される弘法山古墳は、東日本で最も古い前方後方墳の一つだ。当時の東日本の権力構造を知る上で貴重とされ、静岡県で同時期の古墳が見つかったこともあり、考古学界で注目を集めている。

麓から徒歩10分ほどで山頂に行けるため、昔から地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報