2018年11月14日(水)

復活30年、SL列車に「ぐんま」 地名度向上へ名称変更

サービス・食品
北関東・信越
2018/9/14 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本高崎支社は休日を中心に運転する蒸気機関車(SL)列車をてこ入れする。列車の名称に「ぐんま」を入れるほか、ホームページにSL列車の空席情報を掲載して利用を促す。同支社が運行するSLが今年復活30周年を迎えるほか、JRグループの大型観光企画であるデスティネーションキャンペーン(DC)が2020年に群馬で実施されることを見据え、知名度を上げる。

SL列車の名称変更は10月に実施する。上越線(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報