2018年11月19日(月)

埼玉県内企業、働き方改革「取り組んでいる」46%

南関東・静岡
2018/9/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉りそな産業経済振興財団(さいたま市)が埼玉県内の企業を対象に調査したところ、働き方改革に「取り組んでいる」と回答した割合は46%だった。大企業では80%が取り組んでいると答えたものの、中小企業では42%にとどまった。人手不足や売り上げ減少への懸念から改革に踏み切れない傾向が目立った。

働き方改革に「今後取り組みたい」は40%、「取り組む予定はない」は14%だった。取り組んでいない企業に理由を聞いたところ「人手不足で余裕がない」が63%で最も多く、「売り上げなどへの影響が懸念される」(49%)、「業種や業務の特殊性により難しい」(44%)が続いた。

働き方改革の取り組み事例では「労働時間の短縮」が64%で最多。続いて「業務や仕事の進め方の見直し」(63%)、「休暇の取得促進」(60%)、「定年延長など高齢者の雇用」(48%)が多かった。

調査は7月中旬に961社を対象に実施した。回答率は23%。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報