2018年11月15日(木)

インフラ資産の老朽度、島根など7割超 公会計分析
純資産比率は埼玉など2%台どまり

地域総合
2018/9/17 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国の統一的基準に従い全国の地方自治体がまとめた2016年度決算の公会計データを「日経グローカル」が独自に分析した。それによると、都道府県では島根、長野、京都の3府県で資産の老朽化の進み具合を示す指標が7割を超していた。埼玉、滋賀など4県は企業の自己資本比率に相当する純資産比率が2%台にとどまることも分かった。

総務省は貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書の4表からなる財…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報