2018年11月19日(月)

民泊新法3カ月、客室稼働率は5割強 ホテルより低く

民泊
経済
住建・不動産
サービス・食品
シェアエコノミー
2018/9/14 19:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行から3カ月。空き部屋などに旅行者を有料で泊める「民泊」の客室稼働率が55%前後となっていることがわかった。全国の旅館の平均稼働率よりは高く、ビジネスホテルより低い。今後、さらに利用を増やすため、民泊仲介大手の百戦錬磨(仙台市)は定額で泊まれるサービスを始めるほか、最大手の米エアビーアンドビーも割引クーポンを付与する。

国内の民泊施設の大部分を掲載しているエアビーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報