/

この記事は会員限定です

民泊新法3カ月、客室稼働率は5割強 ホテルより低く

[有料会員限定]

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行から3カ月。空き部屋などに旅行者を有料で泊める「民泊」の客室稼働率が55%前後となっていることがわかった。全国の旅館の平均稼働率よりは高く、ビジネスホテルより低い。今後、さらに利用を増やすため、民泊仲介大手の百戦錬磨(仙台市)は定額で泊まれるサービスを始めるほか、最大手の米エアビーアンドビーも割引クーポンを付与する。

国内の民泊施設の大部分を掲載しているエアビーの物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン