2018年11月14日(水)

レジデンストーキョー、東電系などから2億円調達

スタートアップ
環境エネ・素材
住建・不動産
2018/9/14 18:29
保存
共有
印刷
その他

月決め賃貸マンション運営のレジデンストーキョー(東京・渋谷)は14日、東京電力エナジーパートナーのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)などから2億3000万円を調達したと発表した。外国人就労者や留学生向けマンションを全国で展開している。東電グループの保有施設を活用して短期滞在のインバンド用宿泊施設の企画開発を進める。

レジデンストーキョーの賃貸マンション

CVCの東京電力フロンティアパートナーズ(東京・千代田)と、オンライン旅行会社のエボラブルアジア(同・港)、越境電子商取引(EC)のBEENOS(同・品川)などが、第三者割当増資を引き受けた。

レジデンストーキョーは東京都内約500室の月決め賃貸マンションを運営するほかに、全国約4000室のマンション事業者と提携している。多言語対応の窓口や電子テンキーによる24時間チェックイン・アウト対応など外国人向け長期宿泊サービスを提供してきた。

資金調達により、東京五輪など今後需要が伸びるインバウンド向けに短期滞在用の賃貸マンションを企画して運営する考えだ。東電グループとオール電化など快適性を高めた宿泊部屋の設置も検討する。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報