2019年7月17日(水)

複数の英語試験を入試活用 「欧州基準」で換算、不適切
鳥飼玖美子・立教大学名誉教授

2018/9/17 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学入試に英語の民間テストの活用を目指す文部科学省は、異なるテストの結果で合否判断を可能にするために、「CEFR(欧州言語共通参照枠)」を用いる方針だが、鳥飼玖美子・立教大学名誉教授はCEFRを入試に使うのは不適切だという。

大学入試センター試験の後継として2020年度から始まる大学入学共通テストで英語は、7団体による23種類の民間テストを使うことになっている。試験の目的や内容、難易度や評価方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。