2018年10月18日(木)

マツダ安全技術の源泉、衝突試験に見た矜持

自動車・機械
中国・四国
2018/9/18 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダは広島県に新設した車の安全性能を高める実験施設を報道公開した。車と車を実際に衝突させる試験などを通して事故時の安全性を高める開発や将来の法規制の強化に対応する。自動運転や電動化など利便性の向上や「未来の車」が自動車産業では注目されており、先進技術は日々安全性の進歩に貢献している。

「バーン」。大きな衝撃音を残して時速50キロメートルの2台の多目的スポーツ車(SUV)「CX―5」がほぼ正面衝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報