/

この記事は会員限定です

メルカリ株の憂鬱 売り一色、赤字許さぬ市場

証券部 成瀬美和

[有料会員限定]

6月に東証マザーズ市場に上場したメルカリ株が下げ止まらない。公開価格(3000円)割れも間近だ。未上場でも時価総額が10億ドルを超える「ユニコーン」の新規株式公開(IPO)。新興株市場のけん引役になると期待されたが、赤字が想定以上に長引くとの警戒は強まるばかり。先行投資を優先する会社と、赤字を許容できない市場の溝は深い。

「知り合いの投資仲間はみな売り抜けました」。40歳代の男性投資家は冷ややかに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン