2019年6月20日(木)

2008年9月28日 米政府・議会、金融法案で大筋合意
リーマン・ショックダイアリー(24) This Day In 2008

2018/9/28 6:00
保存
共有
印刷
その他

米政府と議会は2008年9月28日、金融機関の不良資産買い取りへの公的資金投入を柱とする金融安定化法案の修正協議で大筋合意に達した。

2008年9月29日付朝刊

2008年9月29日付朝刊

協議難航の根底には、「高額報酬を得てきたウォール街を税金で救うべきなのか」という疑念があった。法案修正には、7000億ドルの公的資金を議会の監視の下で段階的に投入することと並んで、金融機関の経営者の報酬制限などが盛り込まれた。

世論の反発は極めて強かったが、「今そこにある危機」を封じ込めるためには、政府の介入は不可欠だった。政府・議会の妥協は苦渋の選択だった。

ようやく最終合意にこぎ着け、上下両院の議決とブッシュ(子)大統領の署名をもって法案が成立する道が見えてきた。

ベイナー共和党下院院内総務=ロイター

ベイナー共和党下院院内総務=ロイター

ベイナー共和党下院院内総務=当時「この法案に賛成したい人は誰もいない」(2008年9月28日、法案支持表明に付け加えて)

 シリーズ「リーマン・ショックダイアリー This Day In 2008」では、10年前の出来事と当時の日本経済新聞の報道、要人発言を基に、危機の進行を「リアルタイム」で再現する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報