2019年6月21日(金)

2008年9月25日 米貯蓄金融大手が経営破綻
リーマン・ショックダイアリー(21) This Day In 2008

2018/9/25 6:00
保存
共有
印刷
その他

米連邦預金保険公社(FDIC)は2008年9月25日、米貯蓄金融機関(S&L=地方銀行に相当)最大手のワシントン・ミューチュアルが経営破綻したと発表した。

2008年9月26日付夕刊

2008年9月26日付夕刊

ワシントン・ミューチュアルは約1900億ドルと全米6位の預金規模を誇る地方銀行の雄だった。住宅ブームの間に信用力が低い個人住宅ローン、いわゆるサブプライムに傾斜し、不良債権の膨張による経営不安がくすぶっていた。そこへリーマン・ブラザーズ破綻をきっかけとした信用不安が直撃。預金の流出が止まらず、資金繰りが行き詰まった。

FDIC監督下の銀行として過去最大規模となったワシントン・ミューチュアル破綻は、金融危機の脅威が証券会社だけでなく、預金取扱金融機関にまで広がりつつあるのを象徴する動きだった。

危機が深まるなか、議会での金融安定化法案を巡る協議は、与党・共和党内の公的資金投入反対論が壁となって難航を極めていた。

 シリーズ「リーマン・ショックダイアリー This Day In 2008」では、10年前の出来事と当時の日本経済新聞の報道、要人発言を基に、危機の進行を「リアルタイム」で再現する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報